松山行フェリー

勝田聡子ハイスクール・フリート(はいふり)
勝田聡子

今回は、ハイスクール・フリート(はいふり)の勝田聡子さん(以下、サトちゃん)を描いてみました。今日はふるさとに帰省しましょう!ということで、それをテーマに描きました。

それでは、イラストの作成過程を順を追って見ていくことにしましょう!

1.作業工程

(1)線画

コピー用紙に4Bの鉛筆を使ってラフを描いていきます。

今回はサトちゃんが帰省している様子を表現してみようと鉛筆を走らせました。

はいふりといえば船です。

サトちゃんのふるさとである愛媛県松山市にそれで行くといえば、広島-呉-松山を結ぶ松山行フェリーです。その船から叫んでいる、というポーズにしてみました。

先ほど描いたラフをスキャンして、CLIP STUDIO(クリスタ)に取り込みます。そして、鉛筆ブラシでひたすら線画を描いていきました。

(2)色塗

1つのレイヤーに対して1色を基本に色を並べていきます。

色を並べるときは、イラストの完成図が思い浮かべるといいかもしれないですね。仮に色をのせてみるのもいいかも知れません。

彼女のイメージを損なわないように、資料を参考にしながら色を並べていきました。

下色のレイヤーの上にレイヤーを重ねて、影を塗っていきます。乗算レイヤー、加算(発光)レイヤー、そしてオーバーレイレイヤーなどを使って塗り重ねていきます。

ホワイトを入れることにより、キャラに生き生き感を出していきます。

(3)背景

背景を描いていきます。

今回は、松山行フェリーなのですが、背景が空だけだと味気ないと思い、航路である呉市音戸の音戸大橋を通過している様子を背景にしました。

ここには橋が2つあるので、その資料を参考にしたりパースなどを駆使して描いていきました。

結構疲れましたwww

(4)完成

そして、完成させました。

2.このイラストに力を入れた部分

ホーズもそうですが、やはりこの背景ですね。

2つの橋を、遠近感を考えながら描き進めていったのですが、これらのバランスをとるのが結構難しかったですね。

久しぶりにふるさと松山に帰る聡子さん。

船のうえで「はれかぜでの実習、大変だったけど楽しかったぞな」と家族のみんなに話そうと思いながらワクワクしているかもしれませんね。

3.ミニストーリー

はれかぜのみんなで、呉にある呉女子海洋学校へいったぞな。

ここで、先輩たちとの実習と交流を図ったよ。

でも、いつ見ても大和は大きいぞな。おどろきの連続だね。

呉に来たので、久しぶりに実家の松山へ帰ることにした。

久しぶりの松山。坊ちゃん団子を食べて、近くの道後温泉で温泉に浸かって、そして家族のみんなに横須賀での土産話をしたり。いや~楽しみぞな!

呉から松山行のフェリーに乗った。この船に乗るのは久しぶり。

呉にいっては、ブルーマーメイドの船をよく見た。その時を思い出した。

松山まで約1時間。はやく松山に着かないかな?

4.おわりに

知床鈴さんが不在の時は、はれかぜを操舵する姿は良かったですね。

また、彼女が話す伊予弁の可愛らしくGOODでした。

そんな彼女の今後の活躍に期待ですね!

勝田聡子
勝田聡子
タイトルとURLをコピーしました