呉市・歴史の見える丘公園にて

たまゆら

今回のイラストは、たまゆらの桜田麻音さん(以下、麻音ちゃん)を描いてみました。

今回のポイントは、背景に注目!

1.作業工程

(1)線画

ラフをコピー用紙に描き、それをスキャンした上で、Clip Studio(クリスタ)に取り込みます。

そして、鉛筆ブラシを使ってひたすら線画を描いていきました。

今回は、どういうテーマにしようか悩みながら描きました。

毎度のことながら、どのようなイラストにしようか考えながら描いていくわけですが、今回は麻音ちゃんが何かを叫んでいるポーズにしてみました。

麻音ちゃんは「ヤッホー!」と言っているのでしょうか?ああ、それは山登りで山頂に到達したときに叫ぶセリフでしたねwww

ここからどう仕上げていこうか、考えながら描いては消しの繰り返しになってしまいました。

(2)塗り

線画のレイヤーの下にレイヤーを敷き、下色を塗っていきます。

いつものごとくバケツブラシを使って塗っていくわけですが、この方法ですと必ずと言っていいほど塗り残しがでてしまいます。

Gペンブラシで丁寧に塗りつぶしていきます。

下色を塗ったあと、そのレイヤーの上にレイヤーを重ね、影を塗っていきます。時には光を入れ、キャラに立体感を出していきます。

(3)背景

背景を描いていきます。

どのような背景にしようか、いろいろ風景写真などを探しました。その結果、麻音ちゃんのふるさとの呉市豊町にある歴史の見える丘公園から見た瀬戸内海の写真を見つけましたので、これを描くことにしました。

そして、単に青空だけではなにかインパクトに欠けるような気がしましたので、夕方にしてみました。色相レイヤーを使って、空の上は紫色、空の下はオレンジ色をのせていきました。叫ぶ!といえば夕方のイメージが強かったからですね!

(4)完成

桜田麻音

そして、完成です。

2.このイラストの見どころ

先ほども言及しましたが、この背景です。

写真を参考にして忠実に再現しようと試みましたが、なかなか難しかったですね。

でも、瀬戸内海に浮かぶ島々を何とか表現できればと、思考錯誤しながら描いていきました。

描いては消しを繰り返して、先ほどの画像のような絵に落ち着きました。

結構疲れましたが、完成した時の喜びはひとしおですね。描いてよかった!

夕方に、歴史の見える丘公園に登った麻音ちゃん。

一体何を叫んでいるのでしょうか?

ヤッホーと叫んでいるのでしょうか?それとも、何かの決意表明をしているのでしょうか?

それは、このイラストをご覧になった方々のご想像にお任せすることにしましょう。

3.ミニストーリー

私は、久しぶりに大崎下島に帰ってきた。何時くらいぶりだろう。

でもこの町は、前に帰ってきた時と全く変わっていない。本当に落ち着く場所だ。

大長港から歩いて、御手洗へ。

実家に荷物を置くと、早速歴史の見える丘公園に向かう。

でも、ここへ行くには結構きつい階段を登らなきゃいけない。

久しぶりだったので、少し息が切れたけど何とか登りきることができた。公園の広場に到着すると、もう夕方になっていた。

瀬戸内海がオレンジ色に染まっていた。

ここから見る瀬戸内海、本当に心が安らぐ。

すこしきつかったけど、本当に登ってきてよかった。

4.おわりに

中学校の時から地元を離れ、広島県竹原市に来た麻音ちゃん。

相当の決心があったのかと思います。小学校を卒業してから親元を離れるのですから。

中学に入学した当初は友達がなかなかできず、1人で昼を過ごしたり、下校していました。

しかし、岡崎のりえさんと友達になり、高校に入ってから、沢渡楓さんと塙かおるさんと友達になりました。

それから、彼女は明るくなっていきました。

さぁ、今後、彼女はどのような活躍をしてくれるのでしょうか。

楽しみです!

桜田麻音
タイトルとURLをコピーしました